SDGsを学ぼう~目標 3「すべての人に健康と福祉を」

今回のブログではSDGsの目標 3「すべての人に健康と福祉を」について取り上げます。
目標3はアイコンでいうとこんな感じですね。

 

正式には「あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を推進する」と訳されていて、以下の13個ターゲットからなります。

ターゲット
3.1 2030年までに、世界の妊産婦の死亡率を10万人当たり70人未満に削減する。
3.2 全ての国が新生児死亡率を少なくとも出生1,000件中12件以下まで減らし、5歳以下死亡率を少なくとも出生1,000件中25件以下まで減らすことを目指し、2030年までに、新生児および5歳未満時の予防可能な死亡を根絶する。
3.3 2030年までに、エイズ、結核、マラリアおよび顧みられない熱帯病といった伝染病を根絶するとともに肝炎、水系感染症およびその他の感染症に対処する。
3.4 2030年までに、非感染症疾患(NCD)による早期死亡を、予防や治療を通じて3分の1減少させ、精神保健および福祉を促進する。
3.5 麻薬乱用やアルコールの有害な摂取を含む、薬物乱用の防止・治療を強化する。
3.6 2020年までに、世界の道路交通事故による死傷者を半減させる。
3.7 2030年までに、家族計画、情報・教育、およびリプロダクティブ・ヘルスの国家戦略・計画への組み入れを含む、性と生殖に関するヘルスケアをすべての人々が利用できるようにする。
3.8 すべての人々に対する財政保障、質の高い基礎的なヘルスケア・サービスへのアクセス、および安全で効果的、かつ質が高く安価な必須医薬品とワクチンのアクセス提供を含む、ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)を達成する。
3.9 2030年までに、有害化学物質、ならびに大気、水質および土壌の汚染による死亡および病気の件数を大幅に減少させる。
3.a すべての国々において、たばこ規制枠組条約の実施を適宜強化する。
3.b 主に開発途上国に影響を及ぼしている感染性および非感染性疾患のワクチンおよび医薬品の研究開発を支援する。また、ドーハ宣言に従い安価な必須医薬品およびワクチンへのアクセスを提供する。同宣言は公衆衛生保護およびすべての人々への医薬品のアクセス提供にかかわる「知的所有権の貿易関連の側面に関する協定(TRIPS協定)」の柔軟性に関する規定を完全に行使する開発途上国の権利を確約したものである。
3.c 開発途上国、特に後発開発途上国および小島嶼開発途上国において保健財政、および保健従事者の採用、能力開発・訓練、および定着を大幅に拡大させる。
3.d すべての国々、特に開発途上国の国家・世界規模な健康リスクの早期警告、リスク緩和およびリスク管理のための能力を強化する。

 

 

このまま眺めていると、まぁわかったような、でもあんまりよくわからないような、というところが正直な感想だと思います。

 

この目標3について理解を深める意味で、2つの効果的なアプローチがあると私は思います。

ひとつはSDGsの前身(のひとつ)ともいわれるMDGs(Millennium Development Goals:ミレニアム開発目標)に対する理解を深めること。

そしてもうひとつは、策定時に注目されている事象や数字に注目することです。

 

どちらのアプローチにせよ、背景にある出来事や文脈を知ることで、少し難しく見える個別のターゲットが一気に理解しやすくなると思います。

 

 

まず前者からいきましょう。MDGsとはひとことでいうとこんな取り組みでした。

  • 2000年~2015年までの15年間で取り組まれてきた世界的アクション
  • 193の国連全加盟国と23の国際機関が合意した
  • 8つのゴールと21のターゲットを持つ

MDGsのアイコン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

具体的に見てみると、8つのゴールのうち実に3つが保健課題についてのものになっています。

MDGsの8つの目標

 

MDGsは例えば

  • 5歳未満の幼児死亡率が1,000人あたり90人(1990年)から43人(2015年)へと半分以下に減少
  • 妊産婦の死者も全世界で45%減少
  • HIV/エイズの新規感染者数も2000年から2013年にかけて30%減少

などの目覚ましい成果を生みました。

 

そして同時に依然として状況が改善されなかったり、または絶対的な水準として不十分な保健環境が世界にはあることを教えてくれています。そしてその多くがSDGsの目標3として次の15年間のチャレンジとして引き継がれています。

 

MDGsはとても分かりやすい報告書が日本語にもなっています。

国連ミレニアム開発目標報告書(MDGs達成に対する最終評価)

報告書の後半では、SDGsに至る経緯もまとまっているので、目標3のみならずSDGsを理解するときにとても役に立つものだと思います。ぜひ見てみてください。

 

 

理解のためのもうひとつのアプローチがSDGsの策定時に注目されている事象や数字に注目することです。

 

これは国連のサイト(英語)をみるとよいと思います。ここでは議論の前提となっているさまざまな事象や数字が公表されています。

(例えば「5歳の誕生日を迎えることなくなくなる子どもの数は、1990年に比べて17,000人少なくなりましたが、それでもまだ600万人以上です」など)

 

この事象、数字は以下の3つのカテゴリに分けられています。主だったものを頑張って訳してみました

 

 

【子どもの健康】

  • 5歳未満で亡くなる子どもは依然として600万人以上
  • 2000年から麻疹ワクチンが約1560万人の死亡を防いだ
  • (世界的な状況改善にも関わらず)サハラ以南のアフリカと南アジアでは児童死亡者の割合が増加している。5歳未満での死亡のうち80%はこれらの地域でおきている。
  • 貧しい環境に生まれた子どもの死亡率は、裕福な環境に生まれた子どもの2倍
  • 教育を受けた母親(例え小学校のみでも)の子供は、生き残る可能性が高くなる

 

【妊産婦の健康】

  • 妊産婦死亡率は1990年以来ほぼ半減、東アジア、北アフリカ、南アジアでは、妊産婦死亡率は2/3減少
  • しかし、途上国の妊産婦死亡率は先進国よりも14倍高い
  • 発展途上地域での妊産婦ケアは83%に増加した
  • 家族計画の必要性は急速に高まっている

 

【HIV/エイズ、マラリヤ、その他疾病】

  • 2014年現在、HIVに罹患していると推定される人口は約3,500万人
  • 年間25万人が毎年HIVに感染しており、その2/3は10~19歳の若い女性である
  • エイズはアフリカの若者(10–19歳)の死因の1位であり、世界的に見ても2位である
  • 少女や若い女性は、ジェンダーに基づく不平等、排除、差別、暴力に直面しているため、HIVを摂取するリスクが高い
  • 初めの性行為が強制されたという多くの報告あり、少女のプライバシーと身体的自立の権利は尊重されていないケースが伺える

 

こうした背景を理解していくと、
今目の前で起きている疾病や状況に対するケア、つまり対症療法的なアプローチと、
教育などによって根本的な原因に働きかけるアプローチを同時にとっていく必要があることがわかってきます。

 

また個別の一人ひとりに対するケアに関するミクロな話であると同時に、人口爆発を緩和したり社会システムとしての保健といったマクロの話でもあります。

 

ぜひそんな視点ももって、それぞれのターゲットをみてみると理解が深まると思います。

 

ちなみに私個人としては正直にいうと、強い関心がある目標12(つくる責任つかう責任)などに比べると、この目標3はやはり「どこか遠い国の実感がわきにくいもの」という感じがします。そして最低限そうした実感のなさに自覚的になっていよう、そんな風に思います。

 


追記:「少女や若い女性は、ジェンダーに基づく不平等、排除、差別、暴力に直面しているため、HIVを摂取するリスクが高い」がぼんやりとしていたのですが、この動画をみてイメージがよりわきました。

目標1の貧困、目標4の教育、目標5のジェンダーとも関連する様子がとてもよくわかるし、希望がもてる動画です。ぜひ見てみてください。

ガールエフェクト:時計がすすむ

(ガールエフェクトは2008年にナイキ財団、ノバ財団、国連財団、Coalition for Adolescent Girlsが立ち上げた、2030年までに5,000万人の女の子の脱貧困を目指すアクションです)


Contact us

If you have any questions, please feel free to contact us. We have detailed information about case studies with a broad range of companies and organizations.